AinSophAur

アインシュタインの夢

詳細 >>

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

愚痴混ざりかな

「音楽=夢」みたいな感じで私が音楽をやっている様に思われて話しをされることが多々あります。
正直どうでも良いのですが、会話がスムーズに進まなく困ります。
職業としての捉え方が異なると一緒に物事は進められない。というか進められるけれど、重きを置く位置がずれて次第に大破してしまう。
「事務員=仕事」「美容師=仕事」「サービス=仕事」などなど色々な職業はありますが、「音楽=仕事」も同じだと思っています。
しかし、「プロ野球選手=夢」「Jリーガー=夢」「パイロット=夢」「音楽=夢」といった捉え方で話されると、かなり困ってしまいます。
まず、私がどのような事をしているのか知らないまま(知ろうとしないまま)話しが進んでいく。なぜ、考えがぶつかってしまっているのか気付いてもらえない。同じ音楽の事で、同じ位の情熱ですが「夢」の話しをしている人と「仕事」の話しをしている人ですから交わる所はあっても一緒には進んでいかない。

この問題をクリアした人と組織的に動けると最高ですね。

すごーく雑に書いてしまった気がしていますが、良しとしときます。

2012-10-20 23:56:36投稿者 : yoshiaki
この記事のURL コメント(0) nice!
    コメント一覧
    コメントはまだありません。